健康 漬物

のページ


☆ 健康 漬物をご紹介!! ☆




スポンサードリンク

Index >

健康 漬物

健康 漬物


健康 漬物

MENU












































スポンサードリンク
☆♪☆ 生活習慣病と漬物 ☆♪☆

近年は食生活の欧米化により、生活習慣病が日本全国に蔓延しておりますが、その

原因の一つとされている高血圧は「塩」の過剰摂取が問題とされており、塩をたくさん使う

漬物はとても立場の狭い状況になっています。しかし漬物は元々の材料が野菜や果物

などをメインで使っているので、それだけでたくさんの栄養素を得ることができます。

従って減塩で漬けることで健康を保つための《健康食品》にすることができます。健康維持

のために野菜を使った「サラダ」などをたくさん摂っている方がいますが、実は漬物は、

材料や漬け方によって栄養素を増すことができるケースもあります。また長期保存する

ことで、たくさんの微生物によって材料に香りや風味・酸味・食感の良い口当たり・独特な

喉越しなどを与えてくれます。そのため美味しく味わうことで精神に活力が沸き・満足感を

与え、気持ちの面で健康になります。従って、現在悪者扱いされている漬物は「減塩」に

したり「漬け方」によっては栄養素を増すことができ《健康食品》となるので病気の予防や

治療にも効果的なはずです。このコンテンツでは悪者扱いの漬物を、実は病気に役立つ

素晴らしい健康食品であることを紹介するために、世間でよく聞く生活習慣病を取り上げ

若干病気について説明し、食事での対策方法やその病気に対しての漬物ポイントなどを

紹介します。是非、生活習慣病でお困りの方へ少しでもお役立てになればと思います。





 高血圧  
病気について 血圧測定で、上(最高血圧)が140以上で下(最低血圧)が90以下の状態を「高血圧」と呼ばれています。日本人はこの高血圧の方が非常に多く、あらゆる病気を招く原因の一つとされています。種類としては、腎臓病・脳病・心臓病などの症状がでる症候性高血圧と本態性高血圧があります。症状としては、頭痛・肩こり・不眠・手足の痺れ・息切れ・便秘などが現れるようです。悪化すると高血圧の状態が保持されますので非常に危険です。
食事アドバイス 不適切な食生活によって体内で起こる病気なので、常にバランスの取れた食事をすることが大切です。暴飲暴食による太りすぎには特に注意が必要です。脂肪、特に内臓脂肪が体に増えると血管を圧迫することで心臓の活動も増し高血圧の原因になります。従ってお菓子や糖分の多いジュースなどは避けましょう。また、一番厄介なのが「食塩」の摂り過ぎです。首記でも紹介したように「塩」は血圧を上げる要因がありますので、摂り過ぎには十分な注意が必要です。しかし高血圧は「食事の病気」なので、治療するために毎日調味料を抑えて薄味にした食品ばかりだと精神的に苦痛を感じてしまい続きません。そこで料理の総合量の塩分を少なくする工夫をすれば良いのです。食材は全て別々の味があり、食塩を多く含まないのに食品そのものの持ち味がしょっぱいものもあります。それを利用することで全体的な塩分を控え目にすることができます。それとビタミンCはコレステロールの発生を抑制する効果がありますので、果物なども合わせて摂取して下さい。またカリウムやミネラルを多く含む野菜や海草も充分に摂りましょう。
おススメ漬物 やはり食塩の少ない「浅漬け」がおススメです。きゅうり・なす・かぶ・白菜などの浅漬けが良いでしょう。各材料ともよく洗ってから、きゅうりは小口から薄い輪切りにし、なすは縦に2つに切り小口から薄切りにし水にさらしてあく抜きをします。かぶは皮を剥いてから薄い輪切りにします。白菜は縦に2つ切りにし横に約1cm位に個別切りにします。各材料を切って容器に入れ軽く揉みながら適量の塩を入れます。漬ける準備ができたら重石をし20〜30分漬けます。その後盛り付けをして完成です。





 高血圧  
病気について 血管を血液が何らかの要因で正常に循環しなくなり、詰まってしまうと起こる病気です。この要因とは、体内の臓器や組織に血管を通じて血液が運ばれていますが、その通路をふさがれると血栓し血管が硬くなり流れにくくなって管の壁が壊れやすくなった状態です。また、コレステロールを過剰に摂ると血中コレステロールが増えて動脈の壁に溜まりやすくなります。種類としては、粥状動脈硬化・中層動脈硬化・細小動脈硬化などがあります。
食事アドバイス 血管を圧迫せずに正常に循環させる必要があるので、肥満を避けなければなりません。そのためにもコレステロールを多く含む料理は控えましょう。しかし血中コレステロールには善玉と悪玉あり、善玉の血中コレステロールはある程度体内になければならず、善玉コレステロールは毎日消耗します。一定量を保つためにも食事や体内から出るコレステロールで補わなければなりません。コレステロールの多い食品としては、魚介類やイカ・タコ・卵や内臓などです。またある程度のタンパク質も摂る必要があります。タンパク質に含まれるメチオニンという成分は体内でコリンという物質を生成し、脂肪の代謝を促進する働きがあるためです。但し、肉類などの動物性脂肪や乳製品の乳脂肪には血中コレステロール値を高める恐れがありますので、脂肪の多いタンパク質の摂取によるカロリーオーバーには十分な注意が必要です。動物性脂肪でも「魚類」は例外です。魚の脂防には特にエイコサペンタエン酸という高度不飽和脂肪酸を含み、これが善玉コレステロールを増やして動脈硬化を防ぐ作用があるのです。俗に聞く「EPA」で、EPAは血栓を防ぐ効果があり血液の循環を良くします。それと、ビタミンEを多く含む小麦胚芽・大豆・ゴマ・玄米・植物油なども多く摂りましょう。
おススメ漬物 繊維質の多い海草や切干大根などを使った漬物がおススメです。またコレステロールの体内蓄積を妨げる作用がある野菜や葉緑素を使った漬物なども良いです。





 高血圧  
病気について 腎臓の機能が正常に働かずに慢性化する病気です。腎臓は、水や塩分の分解産物である尿の量を、私たちの体の状態に合わせて変化させ、体内の水分と塩分の量を一定に保つという重要な働きをしている臓器です。この臓器の機能に障害が起こって慢性化すると慢性腎炎になります。腎炎を引き起すと顔面蒼白や貧血・倦怠などを生します。この病気もバランスの悪い食生活を繰り返すと起こるケースがあるので食事による治療と薬物による治療方法があります。
食事アドバイス できるだけ低タンパク質の食材を摂ります。特に豆類・肉類・魚介類・卵類・牛乳などを使う場合は料理全体の許容量に注意が必要です。摂取目安としては一日50〜60g程度に設定し全体的な栄養バランスを保つと良いでしょう。塩分量にも注意が必要で、醤油・味噌・ソースなどの調味料には食塩が含まれているので許容量を超えないようにしなくてはいけません。また加工品などの実際には塩気を感じないものには十分な注意が必要です。洋菓子やホットケーキ・ビスケット・大福・ようかんなどは甘味にもかかわらず、塩分と同じナトリウムを使っている場合がほとんどですのでこちらも許容量を超えないように注意する必要があります。
おススメ漬物 食欲を促進させ腎臓の機能障害を取り除くための食品を使うことが大切です。漬物としておススメなのが「かぶ」です。漬け方は、かぶの茎を切り離し薄く縦切りにします。茎は葉先を取り、しんなりするまで酢でよく揉んで、ラップなどで包んでおきます。赤唐辛子を準備し種を種を取り除いて小口に切ります。漬物容器にかぶ、赤唐辛子を散らしながら入れ砂糖と酢を加えます。最後に茎をのせて重石をし一晩漬けると完成です。





 慢性胃炎 
病気について 暴飲暴食や過剰なストレスを受けたりして胃液の分泌量が極端に多くなったり少なくなったりすると胃の粘膜を痛め急性胃炎になります。その症状が慢性化したものが慢性胃炎です。胃の病気としては胃下垂・胃アトニー症・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などがありますが、主な初期症状は急性胃炎から起こる場合がほとんどです。高齢になると胃の粘膜が萎縮しやすく胃酸の分泌量が減り食欲不振になりがちです。胃を傷めると治療のために胃の働きを止めたり安静にすることが不可能なため直すのが難しくなります。そのため胃炎を治すためには適切な食事で治療をする必要があるので、香辛料などの刺激性の強いものや料理の温度が熱過ぎたり冷た過ぎたりするものは胃にたくさんの負担が掛かるので避けなければなりません。食事の際はゆっくりとよく噛んで食べると適量の胃酸が分泌されるので早食いは避けるべきです。
食事アドバイス 果物や野菜は特に胃に負担が掛かりませんし栄養も豊富なので特におススメですが、傷めたり揚げたりと調理にあまりこだわらずに元々の素材を生かすことがポイントです。キャベツ・大根・人参・ホウレン草・かぶ・トマト・レタスなどの繊維質の少ないものが良いです。牛乳や乳製品は胃の粘膜を覆う働きがあり栄養も豊富なので、他の料理と混ぜ合わせたり食前に飲んだり食べたりすると特に効果抜群です。アルコール類は胃液の分泌を促進させますので出来る限り避けた方がよいでしょう。肉類や魚類は脂防分をあまり含まないものが良いです。鶏肉のササミや胸肉、魚類の白身魚や青魚などは低脂肪で高タンパク質なのでおススメです。いずれも新鮮な物が良いです。消化酵素が多い納豆は特におススメです。お菓子類は、極端に甘すぎないものであればそれ程胃を傷めませんが念のため硬いものは避けましょう。決して食べてはいけない食品は「消化の悪いもの」です。高脂肪・硬い繊維質・炭酸飲料・コーヒーなどは決して摂るのは止めましょう。
おススメ漬物 栄養が豊富で何より消化吸収の良い漬物がベストです。栄養満点の「卵」を醤油で漬けた卵の醤油漬けがおススメです。醤油の酸味により丁度良い胃酸の分泌で消化吸収されます。まずゆで卵を作り、醤油・酒・みりん・だしを適量に混ぜて漬け汁を作り、それにゆで卵を入れてひと煮立ちさせます。ひと煮立ったらそのまま火を止め常温で冷やし、冷えたら適量の容器に移し冷蔵庫で保存します。3〜4時間経てば完成です。但し、こればかり食しては栄養のバランスが崩れる恐れがありますので他の食材と美味く組み合わせて食べましょう。





 慢性胃炎 
病気について 肝臓の働きは様々あり体内の臓器の中でも比較的大きな物です。主な肝臓の病気として慢性肝炎や肝硬変・肝癌・肝腫瘍などがあります。どれも原因は様々ですが肝臓は物質代謝の中心となっている重要な臓器なので、栄養素の消化吸収や代謝などが悪くなり起こるようです。肝臓が悪くなると食欲不振や疲れやすくなったり、さらに悪化すると黄疸症状が現れます。主な肝臓の働としては有害物質を解毒したり尿素を作ったり脂肪酸を分解したりと様々です。私達の体内にある血液中に存在する有害物資には細菌が生んだ毒素・体内に入った色素・アルコールを分解した時に出るアセトアルデヒドなどがありますが、これらの有害物質を分解して解毒化します。また、オシッコには老廃物の尿素が含まれており、尿素は元々アンモニアという有害物質なのですが肝臓の働きによって無毒化した際に生じる成分です。健康ブームの立役者?っとなったおなじみの「中性脂肪」。現代では悪者扱いされていますが、実は本来の中性脂肪の働きは体内のエネルギーを補うための重要な脂防なのです。これを増やし過ぎるからエネルギーオーバーとなり悪者とされているのです。肝臓はこのエネルギー源として利用されなかった脂肪酸の一部を酸化し一酸化炭素と水に分解して消化させる働きをしているのです。従って肝臓が悪くなると太りやすくなるのはこのためです。以上のように肝臓は私達の体内の臓器の中でも、最も(肝)心な働きをしていることと、人間の生命維持には欠かすことのできない大切な臓器「心(臓)」この二つの文字から一字とって(肝)(臓)と呼ばれているようです。
食事アドバイス 肝臓には高エネルギー・高タンパク質・高栄養素の食品が最適です。肝臓病になると本来作られるはずの血液のタンパク質を作る働きが悪くなります。血液のタンパク質は私達の体内の血や肉を作るのに必要不可欠な栄養素なので働きが悪くなるとタンパク質が減ってしまいます。従って私達の体に欠かすことのできないアミノ酸を多く含むタンパク質源として、肉類・魚介類・卵・豆製品・穀類などの動物性タンパク質を摂るようにします。植物性タンパク質の豆腐・納豆・味噌なども良質で消化が良いのでおススメです。高エネルギー補給のために糖質を摂らなくてはいけません。糖質を充分に摂ると肝臓のグリコーゲンが増加しタンパク質の消費を節約することができます。但し、糖質は高脂肪の原因ですから適正な量をコントロールする必要があります。栄養素の補給も大切で特にビタミン類は食事から簡単に摂れるし他の臓器にも良い栄養素なのでたくさん摂ると良いでしょう。ビタミンAが不足すると野菜などに含まれるカロチンをビタミンAに変える働きが弱くなるので、緑黄食野菜・バター・チーズ・卵黄・牛乳・豆類・レバーなどのビタミンA・B1・B2を多く含む食品を摂ると良いでしょう。またトマト・キャベツ・ほうれん草・海草・魚肉・レバーなどに含まれるビタミンC・Kも必要です。
おススメ漬物 ビタミンやミネラルを多く含む緑黄色野菜を漬けた物がおススメです。あまりにも重病だとおススメできませんが、回復期であれば若干のコショウや辛子などの香辛料はかえって食欲を促す働きがあるので使うと良いでしょう。そこでブロッコリーの辛子漬け。ブロッコリーは根元を切り落とし小房に分けて約10分水に着けてから茹で、ザルなどに上げて冷ましてから食べやすい大きさに切ります。絞り粕・溶き辛子・砂糖・みりん・醤油を混ぜ合わせて、そこに水に着けたブロッコリーを合え、2〜3時間漬け込むと完成です。





 慢性胃炎 
病気について 肥満症とは、食事から高カロリー高タンパク質な成分を過剰に摂り体内の肝臓などによる臓器の脂肪燃焼が間に合わなくなり脂肪が増加したために体重が増えた状態のことを示します。要するに「太りすぎ」の方全てを指すわけです。脂肪症はご存知の通りあらゆる病気の引き金になる恐れのある症状なので高脂肪にならないように食事などでコントロールしなくてはいけません。
食事アドバイス 良質のタンパク質を含んだ、肉・魚・卵・牛乳・スキムミルク・チーズ・大豆類などの脂肪が少ない食品を積極的に摂り、高カロリー高コレステロールを含む食品は避けましょう。また糖質もある程度必要で、糖質があるとタンパク質の消費を防ぐ働きがあるので100g位は摂りましょう。その際に吸収速度の遅い、黒パン・玄米・豆類などから摂ると良いとされています。ビタミン類やミネラルも充分に摂る必要があります。食事制限による減量は必要不可欠な栄養素までも減らす恐れがありますので、できれば食事制限も大切ですが運動による脂肪燃焼を行った方が自然的で良いです。特に元々日本人に不足されていると言われているカルシウムや鉄などのミネラル質を食事制限することで不足することは避けなければなりません。またビタミンも体内で作ることができない栄養素なので食することで得なければならず同様に食事制限で不足することは決して良くないです。運動することで脂肪を燃焼し良質な栄養素のビタミンやミネラルを多く含む乳製品・卵黄・レバー・野菜・果物・海草などはたくさん摂るようにしましょう。
おススメ漬物 野菜を多く使った「やたら漬け」がおススメです。まず白菜を縦に包丁目を入れて3cm幅に切ります。大根を皮むきし半月切りにして水でさらします。きゅうり・なす・みょうがをそれぞれ薄く切りにし、よく揉み洗いします。その後よく水気をきって酢を少しづつ振りかけます。出し昆布を濡れ布巾でサッと汚れを落とし千切りにします。容器に包丁目を入れた白菜ときゅうり・なす・みょうがを入れ減塩を振って押し蓋と重石で閉じ、翌日まで漬けて完成です。






健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆健康つけもの☆


スポンサードリンク


健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆健康つけもの☆

copyright 漬物Web all rights reserved