漬物 栄養

のページ


☆ 漬物 栄養をご紹介!! ☆




スポンサードリンク

Index >

漬物 栄養

漬物 栄養


漬物 栄養

MENU












































スポンサードリンク
☆♪☆ 漬物の栄養素 ☆♪☆

漬物に多く含まれる栄養素は、ビタミンA・B1・B2・C、ミネラル、カルシウム、食物繊維

などで、どの栄養素も健康維持には欠かせないものです。特に「食物繊維」については、

漬物だからこそ力を発揮する《影のヒーロー》です。《影》と申すのも、食物繊維は基本的

には食物中の消化されない成分で、体内からゴミとして排泄される物です。ではなぜ

《ヒーロー》なのでしょうか?実は体内で消化されないからこそ、その意味があるのです。

現代の厄介な病気と言えばやはり「癌」です。その中でも日本人に比較的多い大腸癌は

社会問題にもなっています。この大腸癌にこそ食物繊維の働きが効くと言われています

大腸で発生した発がん性有毒物質が悪さをする前に、食物の腸内通過を早めて細菌の

働きによって防ぐ効果があります。また大腸癌の原因として「便秘」が上げられていますが

食物繊維は体内で水分を吸い取って大きくなり、小腸での栄養吸収を抑制して便の回数

を増やします。そのため便通が良くなり癌発生に関係する微生物の活動や有害物質の

作用を弱めることができます。故に食物繊維は、腸内で発生する有毒物質を腸粘膜に

接触する機会を少なくし、悪さをする前に排泄してしまう効果があるのです。また、

食物繊維は消化液中の脂肪酸に出会うと脂肪に付着し、脂肪の吸収を抑制する効果が

あるのでコレステロールの吸収予防にも効果があります。以上のことより食物繊維は

影で大活躍してますが、それを多く含み手軽に摂れる食品として漬物があります。

漬物の原料として使う野菜にはたくさんの食物繊維が含まれ、また漬けることで脱水作用

によってかさが減る分だけ繊維を多く摂ることができます。昔の人は普通に好んで食べて

いたので漬物こそが最大の繊維供給源だったのです。現代は食の欧米化によって食物

繊維の摂取量が減少しており、そのため生活習慣病に苦しむ日本人が多くなりました。

世界から日本の食文化に注目が浴びているのは低脂肪低カロリー・高ビタミンミネラル

そして高繊維を摂っている伝統的な食生活だからと言っても過言ではありません。

その他に腸の健康に一役かっているのが《乳酸菌》です。昔から乳酸菌は「長寿の源」

とされていますが、働きとしては腸内の不要な雑菌の繁殖を妨げ、腸の働きを活発にし

老廃物の蓄積を防ぐ効果があります。また植物性タンパク質の分解によってアミノ酸と

グルタミン酸を生み体と脳の発育を促します。この優れた栄養素を多く含む食品が漬物

なのです。漬けた野菜の細胞が死滅するといろいろな微生物が繁殖して発酵が起こり

漬物ができますが、そのたくさん繁殖した微生物の正体が乳酸菌です。従って漬物には

たくさんの乳酸菌が含まれているのです。乳酸菌を多く含んでいる漬物として「キムチ」

がありますが、キムチをたくさん食べる食文化の朝鮮人は気遣って乳酸菌を摂らなくても

自然に食生活で摂取しているようです。漬物の製法の中でもビタミンを多く含む方法

として《ぬか漬け》があります。《ぬか》は米の発芽と種皮なので、ビタミンB1・B2、

カルシウム、鉄などのミネラルが豊富です。そこに漬けられた野菜はその成分を吸収

するので栄養満点な漬物になります。特にビタミンB1は一日漬けただけで、もの凄く

増加するので特に(疲労回復)に役立ちます。ビタミンB1は体内にスタミナを与える

働きがあるので、ストレス塗れの現代人には必要不可欠な栄養素であると言えます。

またぬかで漬けると空気を遮断し発酵を早め、乳酸菌の防腐力も手伝って保存性が

高くなり風味も増します。漬物に意外に多く含まれている栄養素として《カルシウム》が

あります。カルシウムと聞くと「魚の骨・牛乳・塩」などを連想すると思いますが、実は、

野菜にも多く含まれており日本人のほとんどは野菜からカルシウムを最も多く摂取して

いるのです。そのカルシウムを傷めずに効率よく摂れるのが漬物なのです。野菜に

含まれるカルシウムは吸収され難く、茹でたりすると30%〜40%は失われてしまいます

しかし野菜を漬物にするとカルシウム量は比較的多くなり、漬けても損失しませんし、

また発酵によって生じた乳酸と結合して乳酸カルシウムとなって体内の消化吸収率を

上げる作用があります。現代社会のようなストレスが多く欧米並みの食生活を繰返して

いる日本ではカルシウム不足が問題になっています。カルシウムが不足すると骨の

成長が遅れたり神経の興奮性を高め”イライラ”して怒りっぽくなります。また生活習慣病

を引き起こしたり悪化させたりします。そこで手軽に摂れる漬物は塩分調整さえうまく

やれば、上記のように繊維やビタミン・カルシウムなどを多く含む食品なので現代人には

価値のある食品と言えるのではないでしょうか?是非毎日一品は食べたいところです。



健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆健康つけもの☆


スポンサードリンク


健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆ 健康つけもの☆健康つけもの☆

copyright 漬物Web all rights reserved